CloseMenuEdit

Diff of BluePill

<@list>
STM32F103C8T6 Minimum System Development Board
 元々誰が設計したか不明。
 何故かどこも青い基板で作って売ってるのでBluePillと呼ばれてる。
 Aliexpressで1.5ドルから2ドル(送料込み)で売られてる。
スペック
 ARM Cortex M3
 72 MHz
 64 KB/128 KB Flash
 20 KB RAM
 GPIO チップには37個、基板から出てるのは32 うち2つはUSBとしても繋がってる。
Arduinoとして
 別途ファームウエアを書き込まないといけない。
  やり方
   https://github.com/rogerclarkmelbourne/Arduino_STM32/wiki/Flashing-Bootloader-for-BluePill-Boards
  別途STLink2とかがいる。
   これもクローンが2ドル以下で売ってる。
   もしくは、シリアルで書き込みも可能
    試してない。
 試したライブラリ
  GPIO
  LiquidCrystal SC1602液晶で
  Tone
 Serialオブジェクト
  USBシリアル扱いになってる。
  デバッグに使える。
 PlatformIO
  Arduinoでビルドができた。
 はじめかた
  開発環境の準備
   Arduino IDEを入れる https://www.arduino.cc/en/Main/Software
   公式の"Arduino SAM Boards"ボードサポートをいれる。 [[ref>http://wiki.stm32duino.com/index.php?title=Installation]]
   ↓のURLを使ってSTM32Duinoのボードサポートを入れる。
    http://dan.drown.org/stm32duino/package_STM32duino_index.json
  ブートローダの準備 
   openocdパッケージを入れると、必要なudevルールが追加される。
   ↓からブートローダをダウンロードしてくる。 [[ref>https://github.com/rogerclarkmelbourne/Arduino_STM32/wiki/Flashing-Bootloader-for-BluePill-Boards]]
   ↓からブートローダをダウンロードしてくる。 https://github.com/rogerclarkmelbourne/Arduino_STM32/wiki/Flashing-Bootloader-for-BluePill-Boards
    https://github.com/rogerclarkmelbourne/STM32duino-bootloader/raw/master/binaries/generic_boot20_pc13.bin
   Arduinoのパッケージにあるst-flashで書き込む
    ~/.arduino15/packages/stm32duino/tools/stm32tools/2018.2.13/linux/stlink/st-flash write ~/Downloads/generic_boot20_pc13.bin 0x8000000
    
CubeMX
 公式の開発ライブラリらしい。
 GUIでクロック、モジュール、ピンアサインなどを設定して、ボイラープレートを作ってそこから開発
  設定で有効にしないと動かないので注意
 ボイラープレートを作った後は、PlatformIOでいけた。
 PlatformIOでCubeMXのプロジェクトをコンパイルすると動かない
  issueをあげた
   https://github.com/platformio/platform-ststm32/issues/82
  リンカスクリプトが壊れてるらしい。
リンク
 http://wiki.stm32duino.com/index.php?title=Blue_Pill
 https://ht-deko.com/arduino/stm32f103c8t6.html